Voice先輩の声

Interviewインタビュー

田宮千尋 先生Chihiro Tamiya

(仮)當麻せいか子ども園 園長予定者

my career

  • 2003年
    入職(せいか保育園)
  • 2008年
    結婚・退職・出産
  • 2011年
    パート職員として復帰(旭ケ丘せいか保育園)
  • 同年9月
    急遽、半年間の正職員期限復帰(せいか保育園の担任)
  • 2012年
    再びパート職員に
  • 2013年
    育休
  • 2015年
    パート職員として復帰(旭ケ丘せいか保育園)
  • 2016年
    育休
  • 2017年
    パート職員として復帰(旭ケ丘せいか保育園主任)
  • 2021年
    副園長代理(旭ケ丘せいか保育園)
  • 2022年
    ふたかみの森せいか子ども園の3歳児担任
  • 2024年
    (仮称)當麻せいか子ども園 園長予定

辞めたら自分の存在価値が失われたようで・・・

当時は結婚したら退職、という流れだったので、私も結婚して一度退職しました。「もう一度、一緒に働きませんか?」と誘われてパートに復帰したのですが、とても嬉しかったです!それまで子どもたちに「先生、大好き!」とたくさん言われて、周りの方々に感謝し、感謝された日常だったのが、専業主婦になって、自分の存在価値が感じられなくなっていました・・・。まだ働いている同期の先生たちがキラキラしていてうらやましかったんです。急に担任をやってほしいとお願いされた時も不安や心配よりチャンスと思いました。また担任ができる!という喜びの方が強かったです。

現場に一番近い園長先生になろう

次の園長候補と言われ、もちろんプレッシャーはあります。ですが「人と比べるのではなく、昨日の自分と比べよう」と考えるとポジティブな気持ちになります。自分にしか出来ない事って何だろうと考えた時に、今も担任をしていますし、自分は現場に近い。ですので、尊敬する園長先生方と自分を比べるのではなく「現場に一番近い園長先生になろう」と。現場の先生がもっと働きやすい職場になるよう、心を尽くすのが私の次の役目。今までたくさん助けてもらったので、これからは返していく時間だと思い、自分にしか出来ない園長先生になろうと決意しています。

Another members

  • 山下先生 当時7年目【2011年入職】

  • 神山先生 当時12年目【2008年入職】

  • 中西先生 当時3年目【2015年入職】

  • 為国先生 当時新任【2017年入職】

  • 豊増先生 (育休を経て、主任として活躍)

  • 井上先生 (退職後、他園で勤務もせいかに復帰!)

  • 田宮先生 (子育てをしながらも担任に、そして園長先生へ)

  • 松尾先生 (体調を崩して働き方を変更。回復後、発達支援管理者へ)

  • 岡本先生(パート職員)

  • 谷口先生(パート職員)